技術者と経営者のジレンマ

技術者というのはモノを作るにしてもプログラミングにしても基本的に拠点を構えて何らかの製作(もしくは制作)を行うわけですが、当然それをやらないと売るものが出来ません。ですが自分みたいに技術者が自営業になった時、事務作業だとか即売会だとか営業だとかでどうしても製作に手を回せない時間が増えていき、製作の時間が圧迫されます。
よく技術仕事だけやりたいなら会社で雇われて仕事する方がいいと言われますが、良し悪しは抜きにして実際の所実務に集中できるのは会社に雇用されるのが一番なんだなと改めて感じています。「自分で作って売る」というのを主業務とした場合、その他の業務で一番やらないといけない「売るもの作り」に割く時間は確かに減っています。今何かを作る作業って1日8時間は出来ていないんじゃないかな?

で、例えば技術者本人が法人成りしてある程度人も雇って会社を経営するとなると、本人は資金繰りをしたり営業に出たりで何かを作るという時間というのがゼロに近くなっていく、あるいはゼロそのものになります。技術者は技術仕事をやりたくて仕事をしてきたのに、会社が出来て自分が経営者になるとその仕事が出来なくなるというのはジレンマだよなと。

よく「俺は現場にこだわりたい」という理由で昇進せずにそのまま刑事を続ける主人公というのがありますが、本質は変わらないのかもしれません。会社内でも役職が付けば現場仕事が出来なくなっていきます。今考えても仕方のないことですけど、両立というのはどこまで出来るものなのかなというのは探っていかないといけないかなと感じています。

実は前職の会長が経営者をやりながら開発をしていました(自分が入社した時にはもう現場からは離れていましたけど)。何か方法があるのではないかとは考えている所です。

ドール用レザーベルト試作


何というかこうファンタジー的な服のベルトを作るのに何で作るかなーと考えていたのですが、結局革に落ち着いたのです。やっぱり革がそれっぽいかなと。

ということでレザークラフトのお店にお邪魔してきて、今まで使っていたもの(確かブレスレットを流用したような)と似た感じで作りたいという風にお話してきて、材料と道具を買ってきました。


〇材料
・テープ状の革(幅9mm、厚さ2㎜のもの→長さ30cm)
・両カシメ
・バックル金具
以上です!とってもシンプル!

で、これを組み立ててベルトにするのですが、もう少し綺麗に作りたいかなーって。
この作り方だととってもシンプルでいいのですが、幅が固定されるし形も凝れないのできちんと1枚革から形を出した方がいいのかなと考えています。そうなると結構大変ですし、染色をしないといけないとなるとドールへの色移りが懸念される、それを抑えるためには既成の色が付いた革が欲しいけどどこまで安定供給できるのかなど問題があります。ベルト1つにしてもたくさん作るとなると考えないといけないことは色々あるんですね。

ともかく、次のイベント用ファンタジー服はこの方針を詰めていこうかなと思います。

M3の予定と、今後の同人音楽関係即売会について

もうM3の季節ですね。10月下旬。
新作は出したかったのですが開業準備その他で手が回らず、旧作の頒布のみになりそうです。
福井に引っ越して東京もかなり遠くなってしまい、これからは東京の即売会も気軽に参加できないのかなあと思うと寂しいです。

これからの同人音楽関係の即売会なのですが、今の所縮小方向に行かざるを得ないのかなという感じです。ケンハモの方は問題ないのですが、音楽については評価が乏しいようで、仕事として続けていくためにはウェイトを下げないといけないのかな考えています。残念な話なんですけど。
また事業を始めて間もなく、即売会への参加費と東京までの交通費+宿泊費を支払うのも重くのしかかってきます。軌道に乗るまではイベント参加は控えめになる予定で、今申し込んだもの以外は少し見合わせが必要かなと考えている所です。音けっと2(12/2@難波)は申し込んでいます!

けどやっぱり楽曲があっての演奏なので、自分の中では同人音楽もおろそかにはしたくないかなと思っています。どちらかというと演奏とweb上での投稿の注力して、機会に恵まれればまた即売会でサークル参加という感じにしたいです。特にM3は他の即売会に無い「実演が出来る」という素晴らしい即売会でもあるので、こうは言っていてもやっぱり次のM3も参加してアインプロージットしたいなというのが正直な胸の内です。

なお機材関係は今から充実させる予定です。DTMというかデジタルで音楽でやると必ず金の力がモノをいうところがあって、その中でも自分は生演奏をメインにしていたことから機材が古く、安価なものしか持っていないんですね。なので作曲や音源作成ももっと出来るように投資するつもりです。来年辺りには見違えるような音源をお見せできればなと考えています。

ちなみにM3の日は当日ギリギリ始発で出て間に合うようなので当日出発、その日に泊まって次の日東京を回って帰る予定です。音楽も大事ですけどドール関係も色々見てきたいです。

仕事に必要なもの つづき

今日は必要な機材その他をリストアップしていました。

ケンハモ関係にしろ衣装作るにしろ本来は従来の機材があればそのまま仕事が出来るはずなのですが、それを効率化するとかよりクオリティを上げるとかと考えると必要なものはどんどん増えます。今130万円位に上っているんですけど、もっと増えそうな勢いですね。

増える機材の項目と増える金額合計を見て見通しが甘いのかなとも思うのですが、今からの目標は「アトリエを持つ」ところなのでまだまだ怖気づいてもいられません。必要なものは買って優先度の低いものは収入が安定してからにして、まずは買えるものは買って必要なものは見積依頼をどんどん出していきます!

ちなみに必要なものはこんな感じ。
◆すぐに導入するもの
・3Dプリンター
・職業用ミシンと専用テーブル
・精密電動ドライバー
・レンタル用楽器
基本的に前回の内容と同じです。楽器はもう少し優先度下がりますけど。諸々の事情からレンタルは多分来年からになるのではないかと思っています。
◆早めに揃えたいもの
・3DCGスカルプトソフト
・新しいDAW導入
・DAW用プラグインの強化
・動画作成ソフト
・VIVEトラッカー
主にPCソフト。あとはVR関係でトラッカー導入したいです。

VR関係は今まであんまり出してこなかったのですが、音楽とドールとは別の新しい方向性と考えています。自分がVTuberをやりたいと思っていることから、動画配信が出来るようになったら注力していきたいと思っています。そのため動画編集ソフトも導入する予定です。ボイスチェンジャー(Roland VT-4)は明日来るそうです!
本当は指トラッカーやキャプチャー導入してVR活動も大きくやりたいのですが、まずはフルトラッキングということでトラッカーから。1個持っているので残り2個ですね。
上手く出来るようになってこれが仕事として実績が出来たら、3Dプリンターを使ったCADCAMと合わせてSTEM教育として地元の若い人たちに講座を持てたりしないかなーと考えています。とにかく仕事していかないといけないので、これも目標の1つになりますけどね。

開業届、提出しました!

以前税務署で頂いた申請書に記入して、署員の方に見てもらってから提出しました。

結局以前の記事で書いた職業とか屋号、業務内容については一切触れられませんでした。ホッとしたような、何か残念なような?
合わせて青色申告の申請書も出してきました。本を読んだもののまだ税務関係がうろ覚えなので、次の確定申告までに何とかしないと……。
最終的に見てもらった申請書を近くのコンビニでコピーして、税務署の印鑑を押してもらって控えとします。

ともかく、これでついに自営業者としてスタートなのです!
あとはケンハモサイトを作ったり屋号の口座を作ったり、業務もしたいですけど色々大変そうです。