DDdyメイド服製作~その8 エプロン編~

GWCまであと1週間!ということで衣装製作を進めます。本当は今週は量産のつもりだったんですけど、ケンハモ配信が楽しくておざなりになってしまっていました……。

さてエプロン。ロングスカートに合わせて長いエプロンにします。裾にはフリル。フリフリな気分。
ロックミシンなんて良い機材は使えないのでシーチングの裏付きで作ったら何か一気にカントリーっぽくなりましたね……エプロンも化繊にした方がいいのかも?

ベルトは胸の真下に配置してDDdyらしいバストを強調。どっかーん!な感じです。こんな服が欲しかった!!
いわゆるギャルソンエプロンと同様腰巻きタイプなのですが、肩ベルトや胸当ては無しにするか、もしくは肩ベルトのみ付けてしまってもいいかもしれません。この辺は実際作って確認します。


メイド服のエプロンは今回作った裾が円形のものと、全体的に等脚台形のようなものがあります。どちらにしようか迷ったのですが、最終的に円形にしたのはサーキュラースカートと合わせるためです。とは言えもう少し角を丸めた方が良さそうなので生地含めてもう少し詰めようかなと。時間無いですけど……。

DDdyメイド服製作~その4 マント編~


メイドさんにマントっていいじゃないですか……?
ということで今回もキッチンペーパーから型紙製作。


ベース型紙を作っているので、そこからマントの型紙を作ることが出来ます。襟ぐりと肩のラインをそのまま流用する感じですね。裾は手首辺りまでの長さにして、襟はスタンドカラーを付けます。

スカートみたいに何度(360°がサーキュラー)といったものがあるのかどうかは分かりませんが、左右それぞれ腕を開く方向に45°ずつ付けています。


最終的にIllustratorでプリントアウト用のデータを作成。予想より大きくなって、先日話のあった余り生地のスペースで生地が取れるかちょっと不安です。とにかく、明日縫います!