blog

作業部屋作っています


昨日届いた職業用ミシン、SL-700EXとロックミシンを並べて作業したいなと思って。こうやって出しっぱなしにしておくと使う気になるかなーっていう期待を込めて。やっぱりロックミシンは色々大変です。

作業部屋は元々姉の部屋で、本当は自分の寝室を作業部屋にしようと思ったのですが荷物の量から結局空いている部屋を作業部屋にすることにしました。3面に押し入れ、もう1面に窓というテーブル壁付けにおいては条件が良くない部屋なのですが、こればかりはどうしようもないというか……。テーブルにキャスター付けたいですね。

あと必要なものといえばアイロン作業のためのアイロン台とか裁断用のテーブルとかなのですが、もうこの時点で常設できるものは限界です。アイロン台はともかく、裁断は折り畳みテーブルを使って別に作業することになるのではないかと考えています。

今日は日曜でしたがあまり作業は出来なかったので、ここから巻き返して行かないと……!まずはMDD用の衣装を作るのが目標です。

職業用ミシン JUKI SL-700EX届きました!


遂に届きました職業用ミシン!縫って縫って縫いまくるよ!!

モデルはJUKIさんのSL-700EX。高級モデルです。合わせて専用テーブルも購入しました。
ということで届いた時の様子を。

こんな感じでミシン1箱と、テーブルの天板、テーブルの脚という3箱で届きました。重くて大きい。テーブルの天板がかなりの重量でした。

そして開梱して組立。引き出しを外さないとネジ留めが出来ないのですがどうやって引き出しのストッパー外すのーーー!と思ったらストッパーはネジになっていて左回しで外すことが出来ました。ちなみに説明書も引き出しの中に。

テーブルは組み立てたらこんな感じ。ミシンがピッタリ入る窓が付けられていて、膝で押さえの上げ下げが出来るレバーなどもそのまま取り付けることが出来ます。もちろんケーブルの逃げ穴も確保。専用設計。

ミシンの方もパーツチェックして、ボビンを巻いてから下糸を付け、説明書通りに上糸を引っかけていきます。

問題ないかチェックして、縫えるかどうかのチェックまでやったのが今日の作業。届いたのが20時だったので出来たことは限られました。縫える所まで行けただけでも十分かな?と思っています。

簡単に縫ってみての感想ですが、やっぱり家庭用ミシンとは違った安定感のようなものがあります。スピードも速いですし、縫うものによって押さえ圧を変えることが出来るのも便利です。縫い速度の他にも自動糸切りや膝で押さえを上げるといった機能もスピードアップに貢献すると思います。

押さえも少ない時間の中で色々試してみて、他の押さえも色々試してみたいです。特にギャザー押さえと地縫いの片側だけギャザーになる押さえがあるとのことでドール服だとあって便利なアイテムになると思います。
あと三巻押さえも元々あるものの他にアタッチメントを付けて使うものがあるそうで、高いけどそれも導入してみたいなーって思っています。とにかく導入したばかりなのでこれら使って慣れていかないといけないですね!

コミックマーケット95、当選しました!

配置は

日曜日(12/30)
東地区“ス”ブロック-16a
「シンクレア民族音楽工房」

です!

文字大きくしてみました。

前回やむを得ず欠席させていただいたのですが、その時の事情が「雇用保険の待機期間の7日間で、その時期は一切の収入を得てはいけない」という理由でした。すごく最悪なタイミングで雇用保険申請をしてしまったんですね。
きちんと規定通り準備会へ前回のチケット他と欠席の理由を書いた書状を送ったのですが、今回当選したということで理由としては認められたのかなとホッとしています。

次回は何とVTuberで申し込んでしまったので、もうやり遂げないといけませんね!いつものケンハモをうちのこに演奏してもらうという内容で、今回は動画コンテンツが出来ればと思っています。無理ならCD。他のイベントもありますけど何とか間に合わせたいですね。

万年筆のヘビーユーザー

もう十数年以上、万年筆を愛用しています。大体は手帳への記入とか、必要なら譜面を書くとか、そういったものに使っているのですが、自分はかなりのヘビーユーザーらしいです。
といっても高価なペンを何本も持っているとかものすごい種類のペンを持っているとかそういうことではなく、1本のペンをあり得ない位筆記するんだとか。

以前ペンクリニックで何か滑りが悪くなったなと思ったペンを看てもらった所、「万年筆のペン先がこんなにすり減るなんてあり得ない」とメーカーの方に言われたりします。

なのでインクの減りも早い方だそうで、よくインクが無くなって出先で書けない!ってことがたくさんあるのです。いつもインク量とか見れたらいいのですがそういう訳にもいかないので、もっとインクタンク容量の大きいものが欲しいなあって。

ちなみに今使っている万年筆。プラチナ万年筆プレシデントのスカイレッド、字幅はF。これも引っかかりを感じてきているので調整して欲しいです……。

テフロン押さえを探しに

今日福井市内の手芸店さんに行ってきました。先日JUKIさんに行って小さなアールの曲線を縫う良い方法をたずねた時「押さえを加工する」という方法を聞いて、加工用の押さえを探しに行ってきたのです。
押さえは金属のものが多いのですが、滑らない記事を滑らせるためのテフロン押さえなど樹脂になっているものもあり、そういったものを加工するというわけです。その気になれば金属も出来なくはないのですが……。小回りの良さは生命線なので自分の工夫で何とかできるのならやりたいのです。

職業用ミシンの押さえ(というより工業用ですけど)は、家庭用とは比べ物にならないくらいたくさんあってカタログを見ても目的のものを探すのを苦労してしまう位です。ただ売っている所は限られてくるので、実際にお店で買えるところがあるのはありがたいです。テフロン押さえは丁度売り切れているとのことで、注文して別の押さえを買ってきました。地縫い用ではなくて、

基本的にドール服ですが、職業用ミシンは厚物なども縫えるのでケンハモバッグなんかも作れそうですね。色々考えてみたいと思います。

それから、以前から気になっていた「布も切断できるカッティングマシン」に新型が出たそうでカタログもらってきました。ちなみに帆布やデニムは無理らしいですけど、アムンゼンとかよく使う生地が問題なく切断できるなら購入検討もありかな?と思っています。あと刺繍ミシンもいいなあって……。設備のためのスペースもお金もないんですけど、設備の増強は良い品物につながるので導入そのものは検討したいです。